「梅肉エキスで健康に」健康補助食品とスポーツサプリメントで皆様を応援!

0120-89-2468
受付時間 9:00~17:30 土日祝日、年末年始、当社休業日を除く

古式梅肉エキスについて

「1日3gを目安にお飲みください」とありますが、3gはどれぐらいですか。

大豆(乾燥の)1粒が約1gですから、3粒分を目安にお召し上がりください。ティースプーンですと、半分ぐらいになります。

すっぱくて飲めません。

お湯で薄めて黒砂糖やハチミツで甘味を加えていただくと飲みやすくなります。夏場であれば、冷やしていただいても美味しくお召し上がりいただけます。また、オブラートに包んでお召し上がりいただいても結構です。

酸が強すぎて胃が荒れませんか。

大丈夫です。胃の中の酸は古式梅肉エキスよりももっと強力な酸性です。胃壁が荒れたり、傷がついたりしないように、胃の粘膜がしっかり守っています。

飲んだ直後に胸やけがします。大丈夫ですか。

酸が強いため一時的に胸やけやむかつよくように感じられることもあります。一過性のものであると思われますが、その時の体調に大きく左右されますので、ご心配のようでしたら、一度お休みください。引き続きお飲みになられる場合は、しばらくの間、薄めてお飲みください。

農薬を使っていますか。

必要最低限の農薬を使用しています。残留農薬ポジティブ制度の規格基準に則り、農薬の使用回数、頻度、時期は厳しく管理しています。

ムメフラールとは何ですか。

この成分は梅肉エキスの製造中にできる、梅肉エキス特有の成分です。現代人は食生活や日常生活の乱れから、現代人の体はさまざまな影響を受けています。古式梅肉エキスに含まれるクエン酸とムメフラールを、日々の健康にお役立てください。

胃酸過多の場合、すっぱい梅は逆効果ではないでしょうか。

胃酸過多あるいは無酸症というのは、胃の働きが正常でないために起こる症状です。梅には、胃腸、肝臓などの消化器系の機能を促進させる働きがあるといわれています。

かたい場合とやわらかい場合があります。品質に問題ないのでしょうか。

まったく問題ございません。梅は自然のものですので、梅がもともともっている成分などによって、できあがりのかたさに多少の違いがでてしまいます。また、古式梅肉エキスはすべて手作りであるため、炊込みぐあいや、気候などによっても、かたさに変化が現れます。しかし、品質には何の影響もございませんので、ご安心ください。

梅丹、梅丹エキストラゴールド、梅丹スーパーエキストラゴールドについて

粒が白いのですが。

それは梅の成分であるクエン酸が表面に出てきたものです。そのままお召し上がりいただいても大丈夫です。気持ちが悪く、飲みにくいようでしたら、着払いで弊社までお送りください。お取り換えさせていただきます。

1日にどれぐらい飲むのですか。

1日20粒を目安にお飲みください。20粒というのは、体重50kgの成人の方の目安です。

どれぐらい飲めば効き目があるのでしょうか。

お薬ではありませんので、お客様お一人おひとりの体調によって異なります。健康維持のために、毎日お飲みください。

古梅霊芝について

いつ飲めばいいのでしょうか。

なるべく空腹時に、特に、就寝30分前にお飲みください。なお、空腹時とは、食間(食後2時間)か、食前(食事の30分前)をいいます。

インペリアル特濃古梅霊芝は1日1本飲まないといけないのでしょうか。

できれば1日1本を目安にお飲みください。どうしても飲みにくい場合は、特濃タイプ(家庭で煮出すタイプの6倍)ですから、2日に分けて飲んでいただいても結構です。残った半分は冷蔵庫で保存してください。

姫まつたけについて

1日どれぐらい飲むのですか。

健康維持が目的の方は1日5g(1包)を目安をお召し上がりください。何か気になることある方は、1日5~10g(1~2包)を目安にお召し上がりください。たくさんの量をお召し上がりいただいても心配はありませんが、食物繊維が豊富に含まれているため、飲みすぎると下痢になる方がまれにいらっしゃいます。お客様の体調に合わせて、お召し上がりください。

どのように飲むのですか。

特に決まりはありませんが、空腹時、特に、就寝30分前にお湯またはお水と一緒にお召し上がりいただくことをおすすめします。なお、空腹時とは、食間(食後2時間)か、食前(食事の30分前)をいいます。

卵の油について

レシチンとはなんですか。

リン脂質の一種です。自然界の動植物すべての細胞に存在しており、生体膜の主要構成成分です。脂質といっても、皮下に蓄えられる脂肪とは異なり、身体の各組織、特に、神経系の重要な構成物質です。細胞は、細胞膜を通じて必要な栄養分を取り入れたり、老廃物を排泄しています。こうしたことができるのは、細胞に含まれるレシチンに新陳代謝を促進する作用があるからです。