「梅肉エキスで健康に」健康補助食品とスポーツサプリメントで皆様を応援!

0120-89-2468
受付時間 9:00~17:30 土日祝日、年末年始、当社休業日を除く

卵の油

つくってみよう

卵の油の作り方

古くから民間療法として、親しまれてきた卵の油(卵黄油、卵油)。
卵の油(卵黄油、卵油)には、レシチンやビタミンEが多く含まれています。
江戸時代、大奥では卵の油を秘薬として重宝していました。第11代将軍・徳川家斉が卵の油を飲んで53人も子ども(男子26人、女子27人)に恵まれたと書かれた文献が残っています。また、家斉は非常に身体壮健で、将軍に在位した50年の間に寝込んだのは数回の風邪ぐらいだったといいます。秘薬と呼ぶにふさわしい食べ物ですね。
秘薬とはいっても、作り方はとても簡単です。
新鮮な卵とお鍋があれば十分。
みなさんも一度、卵の油(卵黄油、卵油)をつくってみませんか。

材料 卵黄10個分
道具
  • 鍋(ゆきひら、または土鍋)
  • 木じゃくし
  • 保存用ガラス瓶

では、さっそく卵の油(卵黄油、卵油)をつくってみましょう!

  1. 1.鍋(ゆきひら、または土鍋)に卵の黄身10個分(できれば有精卵)をほぐして入れます。
  2. 2.中火にかけて、木じゃくしでかき混ぜます。卵が固まってきたら、木じゃくしで軽くほぐし、 まんべんなく焦がします。
  3. 3.火を強くしてさらにかき混ぜていくと、黄色が褐色に変わり、やがて黒くなってきます。
  4. 4.色が黒くなってくると、木じゃくしでまぜる感じがだんだん軽くなり、油が少しずつ出てきます。
  5. 5.鍋を手前に傾けて卵を集めると、油がどんどんにじみ出してきます。すると、煙がボーッと出てくるので、ここで火を止めます。

    ココがポイント!
    焦げすぎると油の量が少なくなります。手早く行いましょう。なお、卵黄10個分で約40~50mlの油をつくることができます。
  6. 6.熱いうちに容器に入れれば完成です。容器には口の狭い、濃い色のガラスビンを使います。卵の油は浸透性が強いので、プラスチック容器は避けてください。高温多湿を避けて、冷暗所で保存しましょう。

    ココがポイント!
    鍋に残ったカスは、冷めると固まって取れにくくなるので、熱いうちに削り取りましょう。