「梅肉エキスで健康に」健康補助食品とスポーツサプリメントで皆様を応援!

0120-89-2468
受付時間 9:00~17:30 土日祝日、年末年始、当社休業日を除く

梅肉エキス

つくってみよう

梅肉エキスの作り方

クエン酸やムメフラールなど、梅の有効成分をたっぷり含んだ梅肉エキス。
梅肉エキスに含まれるクエン酸は、なんとレモンの10倍にもなります。
「なんだか重い」「かなり溜まってるな」「お腹がちょっと……」といったときには欠かせません。
何かと重宝する梅肉エキスですから、昔から各家庭で手作りされてきました。
だから、作り方はとってもシンプル。
新鮮な青梅と少しの道具、ちょっとした根気があれば、誰も、おいしくフレッシュな梅肉エキスをつくることができます。
みなさんも一度、ご自分だけの梅肉エキスをつくってみませんか。

材料 青梅4~5kg(青梅は毎年6月上旬頃に出回り始めます)
※注:青梅4〜5kgで、80〜100gの梅肉エキスができます
道具
  • 竹串
  • ボウル
  • 陶製またはガラス製のおろし器
  • もめんの袋(または新しいふきん)2〜3枚
  • ゆきひら(陶製または耐熱ガラス製の鍋)
  • しゃもじ(木べら)

では、さっそく梅肉エキスをつくってみましょう!

  1. 1.青梅は洗って、水気をふきとります(水気は少々残っていても構いません)。
  2. 2.竹串でヘタをとります。
  3. 3.青梅をおろし器ですりおろします。
    ココがポイント!
    金属製の道具類は使わないでください。梅は有機酸が多く、金属を腐食させます。梅肉エキスには、陶製あるいはガラス製の道具や容器を使用しましょう。
  4. 4.もめん袋を2~3枚重ねて、すりおろした青梅を入れ、汁をしっかりしぼり出します。
    ココがポイント!
    もめん袋を 2~3枚重ねてください! もめん袋1枚だけだと、青梅の繊維が汁に混ざってしまいます。なめらかな梅肉エキスに仕上げるために、もめん袋を2~3枚重ねましょう。
  5. 5.しぼった果汁をゆきひらに入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にし、かき混ぜながら煮詰めます。
  6. 6.しばらくするとアクが鍋の内側につきます。ぬれたしゃもじで、ていねいにすくいとります。
    ココがポイント!
    梅肉エキスは アクとりが命です! アクをていねいにとると、苦味や渋味がとれ、澄んだ黒色の梅肉エキスができます。
  7. 7.さらにかき混ぜながら煮詰め、泡だらけになったところで火を止め、粗熱をとります。
    ココがポイント!
    火を止めるタイミングが大切です! 少しやわらかすぎるように感じても、冷める間に水分や空気が抜けて、ちょうどよいかたさになります。
  8. 8.糸を引く程度のかたさになったら、温かいうちに容器に移し、自然に冷まします。
  9. 9.梅肉エキスの完成です! ビンなどの容器に入れて、冷暗所などで保存してください。